入れ歯・ブリッジ

入れ歯でお悩みの方へ

このようなことでお悩みではございませんか?

  • 入れ歯がガタつく、外れる
  • 入れ歯を使うようになって硬いものが噛めない
  • 噛んだときにズレる
  • 入れ歯を使うと痛みがある
  • 入れ歯と歯茎のあいだに食べ物が挟まる
  • 部分入れ歯の金属のバネが気になる

入れ歯は「合わないもの」「噛めないもの」と諦めていませんか?
精密な型取り、噛み合わせを考慮した調整などで、快適な入れ歯をお届けします。自費の入れ歯であれば、より審美性・機能性に優れたものをお作りできます。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?

入れ歯にも、保険診療で作るものと自費診療で作るものがあります。
自費診療で作る入れ歯には、材料に制限がありませんので、審美性・機能性を追求することができます。

※スクロールで全体を表示します。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
材料 レジン(歯科用プラスチック)のみ シリコーン、金属などから選択可能
審美性 レジンのみで作るため限界がある 材料に制限がないため、
天然歯、天然の歯茎に近づけられる
強度 ある程度は確保できる 材料に制限がないため、高められる
異物感 厚みが出てしまうため、大きい 薄く作れるため、小さい
食事の味わい 熱が伝わりにくいため、やや劣る 薄く作れるため、優れる
※金属床なら、熱もしっかり伝わる
費用 比較的低価格 比較的高額
作製にかかる期間 短期間 比較的期間を要する

当院の入れ歯治療の特徴

丁寧なカウンセリングを行います

丁寧なカウンセリングを行います

ただ検査を行い、型取りをし、入れ歯を作製するのではなく「現状にどのようなご不満があるのか」「どのような入れ歯をご希望しているか」をカウンセリングにてしっかりとお伺いし、患者様に合った選択肢をご提示するところからスタートします。

保険の入れ歯から自費の入れ歯までご希望に合わせてご提案します

保険の入れ歯から自費の入れ歯までご希望に合わせてご提案します

低価格・短期間で作製できる保険の入れ歯から、費用・期間はかかるものの材料に制限がなくこだわりを追求できる自費の入れ歯まで、幅広く対応しております。

精密な型取りを行います

型取りは、入れ歯の形を決める大切な工程です。
一つ一つの作業を丁寧に、より精密な型取りを行い、患者様にぴったりと合う入れ歯をお作りします。

噛み合わせを考慮し、入れ歯の調整を行います

噛んだときにズレてしまうようでは、食事や会話に支障をきたします。
噛み合わせを考慮した調整を行い、顎を動かしたときの安定性にもこだわります。

入れ歯に精通した歯科技工所と提携

数ある歯科技工所の中から、当院では入れ歯の作製に精通した歯科技工所と提携しております。
熟練の技術が、質の良い入れ歯を支えています。

入れ歯の種類と料金

総入れ歯

金属床義歯

金属床義歯入れ歯の“床”にあたる部分を、金属で作った入れ歯です。

メリット デメリット
・薄く作れるため、異物感が少ない
・熱伝導性に優れるため、食べ物の温かさ・冷たさをしっかりと感じられる
・耐久性に優れる
・汚れが付着しにくい
・金属アレルギーのリスクがある
・自費診療で作るため、費用が高くなる
金属床義歯の料金(税込)
金属床義歯 165,000円
レジン床義歯

レジン床義歯保険診療で作る入れ歯です。
歯の部分も、歯茎の部分も、すべてレジン(歯科用プラスチック)で作ります。

メリット デメリット
・比較的低価格で作製できる
・作製期間が短い
・修理がしやすい
・フィット感に劣り、噛みづらい・ズレやすい
・厚みが出るため、食べ物の温かさ・冷たさを感じにくい
・耐久性が低い
レジン床義歯の料金
レジン床義歯 7,500円
保険3割での自己負担額です。
1割の場合は2,500円

部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー金属のバネを使わない部分入れ歯です。代わりに、歯茎の材料を延長し、隣の天然歯のまわりを包むことで安定を得ます。

メリット デメリット
・金属のバネを使用しないため、美しく仕上がる
・残存歯への負担が少ない
・薄く作れるため、異物感が小さい
・修理が難しい
・自費診療で作るため、費用が高くなる
ノンクラスプデンチャーの料金(税込)
ノンクラスプデンチャー 66,000円
レジン床義歯

レジン床義歯歯と歯茎の部分はレジンで、バネを金属で作る部分入れ歯です。

メリット デメリット
・比較的低価格で作製できる
・作製期間が短い
・修理がしやすい
・金属のバネが目立ってしまう
・バネをかける残存歯を少し削る必要がある
レジン床義歯の料金
レジン床義歯 バネの数や歯の本数により異なります。

ブリッジ

ブリッジ歯を失った部位の両隣の歯を削り、型取りをした上で、両隣の歯の被せ物を含めた連結した人工歯を架ける治療です。
人工歯をセラミックで作ることもできます(自費)。

メリット デメリット
・固定式のため、ズレることがない
・作製期間が短い
・保険診療の入れ歯と比べると強く噛める
・保険診療で作れば比較的低価格
・両隣の歯を削る必要がある
・取り付け後も、両隣の歯に大きな負荷がかかる
・多数歯を失った場合、奥に支える歯がない場合には適応とならない
ブリッジの料金(税別)
ブリッジ 歯の本数や部位により異なります。