矯正歯科

当院の矯正歯科の特徴

矯正歯科専門の女性医師の矯正治療

長岡市の山田歯科クリニックでは、矯正歯科を専門とする女性の歯科医師が担当しております。
女性歯科医師目線からの共感・アドバイスで、患者様によりご満足いただける矯正治療をお届けします。

丁寧なカウンセリング

まずは患者様の率直なお悩み・ご希望をお伺いするところからスタートします。そのお声をもとに、患者様に合った治療法の提案・説明をするのが、当院のスタイルです。途中で分からないことがあったときには、遠慮なく何でもお尋ねください。料金を含め、すべての内容にご納得いただいてから治療へと進みます。

矯正治療の流れ

1初診・相談(30分~1時間)

カウンセリング患者様のお悩み、ご要望、治療に関する疑問や心配なことをお伺いし、簡単な診査で治療が必要かどうか、
どのような治療が想定されるかをお話します。また、おおよその治療期間、費用についてもお伝えします。

2精密検査(1時間~1時間程度)

精密検査診断・治療計画を立てるための各種検査(レントゲン、口腔内・顔面写真撮影、歯型の採得等)を行います。

3診断・治療計画の説明(1時間)

診断・治療計画の説明精密検査の結果をもとに、まず現症について十分ご理解いただくために検査結果を提示しご説明します。
その上で最適と考えられる治療計画(開始時期、治療方法、期間、費用)について、ご説明します。
患者様のご希望も踏まえ、あらゆる面で納得していただける治療のやり方をご一緒に検討していきます。
十分ご納得いただけましたら、治療に入ることになります。

4観察期間

矯正治療の開始症例により、最適な治療開始まで装置なしで観察することもあります。
(虫歯・歯周病がある場合には、さきにそちらを治療します)
装置のための歯型とりなど、装置装着の準備をします。抜歯が必要な場合は抜歯をしていただきます。

5矯正装置の装着(1時間程度)

定期的な通院矯正治療開始です。矯正装置を装着する日は、約1時間かかります。
治療装置はそれぞれの患者様に合ったものを使用します。 〈歯の移動:1年6か月~2年6か月程度〉
矯正装置を着けている期間は、平均で2年程度ですが、患者様の骨格や症状の難易度によって治療期間は異なります。 この期間は、1か月に1回程度の間隔で通院していただきます。

6保定〈保定期間:1年半~2年半程度〉

装置の取り外し・保定期間矯正装置を取り外した直後の歯は周囲の骨が安定していないため動きやすく、治療前の元の位置に戻ろうとします。これを「後戻り」と呼んでいます。後戻りを防ぎ、良好な歯並びを安定させるための保定装置を使用していただきます。保定装置は取り外し可能ですが、決められた時間装着する必要があります。

7継続的な観察(定期的)

治療の終了保定期間は個人差がありますが、2年程度の期間となります。
実際はこれより長期の観察を希望される方が多くおられます。
保定が終了した後も、歯並びが安定し、口腔の健康が保てるように定期検診をおこなっています。

矯正治療の方法と装置について

歯やあごを移動する方法や装置はさまざまありますが、歯ならび・かみ合わせの状態、あごの形態・成長度合いや年齢、患者様のご希望・装置への協力度などにより選びます。
矯正装置の中で、現在最もよく使用され、また歯の移動がスムーズで確実なのがマルチブラケット装置です。
1本1本の歯の表面に「ブラケット」という小さな器具を取り付けます。ブラケットにワイヤーを通して、少しずつ力をかけ歯列全体の形を整えていきます。
以前はブラケットは金属のものが主流でしたが、最近は透明な素材のものが使われるようになり、目立ちにくくなっています。
歯に装着したブラケット(ボタン状の器具)にワイヤーを通して歯を動かしてゆく治療法を「マルチブラケット法」といい、現在最も広く一般的に行われている矯正治療法です。

マルチブラケット装置

審美ブラケット(プラスチック)

従来型の金属ブラケットより目立たずに矯正治療を行うことができます。

金属ブラケット

金属ブラケット装置は白いブラケットと比べてサイズが小さく、より違和感が少ないのが特徴で、 治療中の破損が少ないという利点があります。

歯を動かした後の後戻り防止装置(保定装置)

矯正装置で動かした歯を安定させる大切な装置です。
治療が終わったばかりの歯ならびは周囲の骨が安定していないため動きやすく、元の状態に戻ろうとし始めます。

これを「後戻り」と呼んでいます。

もちろん、後に戻るといっても、最初の治療前の状態に戻ってしまうというわけではありません。
このような歯の動きは数年で止まり、やがて安定してきますが、治療後の「後戻り」を抑えるために保定装置を使用していただきます。
保定が終了した後も、親知らずの問題や歯ぎしりなどで歯ならびが変化することもありますので、 定期的にチェックを受け、歯並びが安定し、 お口の中の健康が保てるように定期検診をおこなっています。

部分矯正

患者様のご希望や状態によっては、前歯だけ治療したい、治療期間はできだけ短く費用はなるべく抑えたい、全顎的矯正を希望されない方などに 部分的な歯の移動で不具合を改善する方法もあります。
また、ブリッジや歯冠修復など補綴処置を行う前処置として行う場合もあります。
MTM(Minor Tooth Movement)、限局矯正とも呼ばれる矯正方法です。

部分矯正のメリット 部分矯正のデメリット
・全顎的矯正による治療に比べ、治療期間が短い(8か月~1年6か月程度)
・全顎的矯正による治療に比べ、低価格
・装置が目立ちにくい
・装置によるが、歯みがきなどのケアが楽
・抜歯をすることが少ない
・装置が大がかりではないので、比較的痛みが少ない
・咬み合わせの状況やでこぼこの度合いにより部分矯正では対応できない場合がある

子どもの矯正治療

お子さまの歯並びでお悩みではございませんか?

新潟県長岡市の小児矯正なら山田歯科クリニック

  • 子どもの歯並びの乱れが気になる
  • 自分の歯並びが悪いため、子どもの歯並びもそうならないか心配
  • 歯科検診で歯並びのことを指摘された
  • いつから始めたらいいのか相談したい
  • 信頼できる歯科医院で子どもに矯正治療を受けさせたい
  • 女性歯科医師に矯正治療を担当してほしい

お子様の歯並びについてご不安がありましたら、ぜひ山田歯科クリニックにご相談ください。

一期治療と二期治療について

早期治療というのは、乳歯列や混合歯列の時期(610歳頃)に始める治療のことです。
上のあごと下のあごの骨格のズレや歯を支える骨の基礎の部分の成長をより正常に導いたり、歯の萌出異常を最小限に抑えたりする治療です。
対して二期治療とは、一期治療で残された問題点を歯の移動で解決し、審美性・機能性を兼ね備え、かつ長期的に安定した永久歯列の完成を目標とした
永久歯列期に行われる矯正治療です。12~13歳くらいが開始年齢となります。基本的には、成人矯正と同じ装置を使用します。

二つの時期に分けるという意味から、早期治療を一期治療、その後の治療を二期治療と呼びます。

一期治療のメリットは?

矯正治療は大人になってからでも受けることができますが、 子どものうちに受けることによって、あごの成長発育を利用できます。
歯並びや咬み合わせの悪さは、歯だけではなく、あご(骨格)にズレがある場合が多く、そのまま放置した場合、あごの成長に影響をあたえる可能性があります。
早期に治療を行うことで以下のようなメリットがあります。

虫歯になりにくくなる

生えて間もない永久歯は、未完成なため虫歯になりやすいので、早期に歯並びを整えることにより虫歯のリスクを減らすことができます。

永久歯列の治療期間が短くなる

小児期に矯正治療をすることにより、成長を利用してあごの成長を正常な状態へと導いたり、永久歯の生え方を整えることができます。
それにより、永久歯列になってから始める矯正治療の期間が短くなったり、治療を必要としない場合があります。

永久歯列の矯正治療時の抜歯の可能性を減らせる

目立たない矯正装置で矯正治療を行う長岡市の山田歯科クリニック

早期に治療を始めることにより、あごの成長を促したり、永久歯の生えるスペースをつくることにより、永久歯を抜かずに治療できる可能性が大きくなります。

受け口や出っ歯による心理的コンプレックスを解消できる

親子で矯正可能

小児期に、歯並びや咬み合わせを治療してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることにつながります。

正常な発育が期待できる

早期に歯並びや口元の悪い癖を治すことにより、口腔周囲筋のバランスを整え、その後のあごや口腔機能の正常な発育が期待できます。

外科矯正(手術を併用した矯正治療)の可能性を低くできる

悪いかみ合わせの影響で、あごがずれたまま成長が完了してしまうと、骨格に歪みが出てしまい、外科矯正が必要となるケースは少なくありません。早期の矯正治療をすることにより、悪化を防ぎ、将来手術をする可能性を低くします。

子どもの矯正治療Q&A

矯正を始める時期やタイミングはいつ頃がいいのでしょうか?

子どもの矯正治療は大きく2つの時期、第一期治療と第二期治療に分けられます。
一期治療は、混合歯列期に行われる矯正治療です。混合歯列期というのは、乳歯と永久歯が混ざり合っている時期を指します。
一期治療は、第一大臼歯(6歳臼歯)が生え、前歯が永久歯に生え変わった時期(610歳頃)に行われます。
二期治療は、永久歯列期に行われる矯正治療です。年齢的には1213歳くらいからですので、二期治療が開始されるのは中学生以降ということになります。
歯並びの悪さが骨格に由来している場合は、歯だけではなく骨格そのものを矯正していかなければいけません。
その場合、先ほど挙げたような矯正時期ではなく、もう少し早期に治療を開始することもあります。一期治療や二期治療の年齢はあくまで目安とお考えください。

歯の生え変わりの時期は個人差があります。歯並びの状態の他、骨格の問題、口腔習癖(指しゃぶりや舌を突き出す癖など)、歯と歯周組織および全身の健康状態、お子様ご本人とご家族のやる気とご理解などを考慮した上で、矯正治療の開始時期を決めていく必要があります。
適切な時期に治療を行うためにも歯並びや咬み合わせについて気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

治療期間と通院間隔はどのくらいですか?

一期治療(早期治療)では1年~1年6か月、二期治療では1年6か月~2年6か月くらいが一般的な治療期間です。通院間隔は1か月に1回が普通です。
ブラケット装置による治療後の、保定期間(保定装置)は平均2年くらいが一般的です。通院間隔は2~4か月に1回が普通です。

※骨格的に問題のある反対咬合(上あごの歯に対して下あごの歯が前に出ている状態)は、もっとも時間のかかるケ-スといえます。
たとえば、一期治療(早期治療)で前歯の反対咬合と奥歯のずれを改善しても、思春期成長にはいってから、 下顎が伸びてくることがよくあります。
その場合、成長がほぼ終わってから二期治療を行います。したがって、定期観察期間など治療以外のすべての管理を含め、長期間にわたり経過を追う必要があります。

ブラケット装置での治療中に痛みがありますか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、持続的な力が歯にかかります。
歯が動く時には、あごの骨の中の歯の根の周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。
そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。
痛みが起こりやすいのは、初めて装置を装着した直後やワイヤーの調整をした直後です。いずれも、2~3日でおさまります。
装置を調整したり、痛み止めを処方したりといった対応はもちろん可能ですので、「痛い」というときには我慢せずに歯科医師にお伝えください。

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが…?

治療上必要があれば永久歯を抜くことがあります。できる限り永久歯を抜かないで治療することは、矯正歯科医も患者様も気持ちは同じです。
歯を歯ぐき(あごの骨)の中にきれいにならべるためのスペースがない時には、あごを横にひろげたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅をせまくしたりすることで隙間を作って歯をならべようとします。このような方法で歯をならべることができる場合は、歯は抜く必要がありません。
しかし、すき間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

矯正装置をつけた後、食べ物の制限はありますか?

ガム、キャラメル、グミなどは装置にくっつきやすく、装置が外れたり、ワイヤーが変形することがありますので控えたほうが無難です。

吹奏楽部に入り、トランペットをやりたいのですが…

トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、歯の表側に矯正装置がついていると痛いことがあります。
また、歯の移動の妨げになることがありますので、別の楽器に替えるなど、ご検討していただいたほうがよい場合があります。
このような場合は、治療前にご相談ください。

大人の矯正治療

矯正治療を検討している方は一度ご相談ください

長岡市の矯正歯科なら山田歯科クリニック

  • 歯並びが気になる
  • ずっと気になっていた歯並びを改善したい
  • 出っ歯、受け口、すきっ歯、乱杭歯などで悩んでいる
  • しっかりと寄り添ってくれる歯科医院で矯正治療を受けたい
  • 前歯の歯並びだけを費用を抑えて改善したい
  • 女性歯科医師に矯正治療を担当してもらいたい

近年、歯科矯正治療の重要性に改めて注目が集まっています。歯科矯正治療の目的はコンプレックスの解消という点ではもちろん、咬み合わせを改善し、お口の中を健康に保っていくことにあります。
歯並びを整えることにより、虫歯や歯周病のリスクが軽減され、歯の寿命を延ばすことができます。

何歳からでも矯正治療は始められます

重度の歯周病で歯ぐきにひどい炎症があって歯がグラグラになっていない限り、歯や歯周組織が健康であれば、年齢に関係なく矯正治療が可能です。
虫歯はきちんと治療をすれば問題ありませんし、差し歯がある方でも大丈夫です。
近年は装置も目立たないものができていますので、大人の方もどうぞご心配なさらずに、山田歯科クリニックにご相談にいらしてください。

大人の矯正治療のメリット・デメリット

大人の矯正にはどんなメリットや気をつけなければいけない点があるかをご紹介しましょう。

大人の矯正のメリット 大人の矯正のデメリット
一番のメリットは、ご本人が「きれいな歯並びにしたい」という強い希望を持って積極的に治療に臨んでいただけますので、医師と同じ目標に向かって協力をしていただけることにより、治療を円滑に進めることができます。永久歯が生えそろった後ですので、骨格の変化などもないため、当初の計画通りに治療がおこなうことができます。

大人の歯列は成長が終わっていますので、お子さんに比べると歯の移動にかかる期間は若干長くなります。しかし、治療に前向きに取り組んでいただければスムーズに進むことが多く、通常2年~2年6か月程度で歯の移動を完了します。
また、お仕事などの都合で、治療期間や装置が目立つことに対する制約がある方が多いということです。
お一人おひとりの症状に合わせ、できる限り短い期間で治療が終了するよう心掛けております。

当院では、まず患者さんのお話をじっくり伺い、それぞれのご希望に合った治療方法や装置を選択し治療方針について詳しくご説明します。
ご要望やご質問など、どんなことでもご遠慮なくご相談ください。

大人の矯正Q&A

治療期間と通院間隔はどのくらいですか?

治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常のブラケット装置での治療方法で2年~2年6か月くらいが一般的な治療期間です。
通院間隔は1か月に1回が普通です。ブラケット装置による治療後の、保定期間(保定装置)は平均2年くらいが一般的です。通院間隔は2~4か月に1回が普通です。

ブラケット装置での治療中に痛みがありますか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、持続的な力が歯にかかります。
歯が動く時には、あごの骨の中の歯の根の周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。
そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物を咬むときに鈍い痛みを覚えることがあります。
痛みが起こりやすいのは、初めて装置を装着した直後やワイヤーの調整をした直後です。いずれも、2~3日でおさまります。
装置を調整したり、痛み止めを処方したりといった対応はもちろん可能ですので、「痛い」というときには我慢せずに歯科医師にお伝えください。

矯正治療では抜歯が必要だと聞いたのですが…?

治療上必要があれば永久歯を抜くことがあります。できる限り永久歯を抜かないで治療することは、矯正歯科医も患者様も気持ちは同じです。歯をあごの骨の中にきれいにならべるためのスペースがない時には、あごを横に広げたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅を狭くしたりすることで隙間を作って歯をならべようとします。このような方法で歯をならべることができる場合は、歯は抜く必要がありません。しかし、隙間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

矯正治療中に妊娠しても大丈夫ですか?

大丈夫です。つわりが激しい時期など長時間の診療や通院が難しいこともありますが、治療自体が問題になることはありません。妊娠の可能性がある場合はお知らせください。

矯正治療費と治療期間について

治療費が確定するのは検査診断の後ですが、初診相談時にご説明した金額から大きく変わることはありません。また、矯正歯科治療は基本的に自費診療となります。

相談・検査診断

全て税込表記です。

初診・相談料 費用
初診・相談料(矯正治療に対する患者様のご希望など詳しくお伺い致します。現在のお口の中の状態を見せて頂いてから、おおまかな矯正治療の流れ、治療期間、治療費用などについてご説明いたします。) 3,300円
精密検査資料採得料(診断・治療計画を立てるための各種検査(レントゲン、口腔内・顔面写真、歯型の採得など)を行います。) 7,700円
矯正診断料(診断のための精密検査資料の分析結果、治療方針の説明(期間、装置、費用など)) 22,000円

子どもの矯正治療(治療期間目安)

全て税込表記です。

初診・相談料 費用
一期治療(早期治療)〈1年~1年6か月〉・二期治療〈1年6か月~2年6か月〉 616,000円~748,000円
二期治療のみ〈2年6か月〉 462,000円~550,000円
保定〈2年〉 66,000円
矯正管理料(同一月 2 回目以降の来院時は無料)
装置調節、交換、メンテナンス、口腔衛生指導、舌習癖などの指導、経過資料採得など
3,300円~5,500円

大人の矯正治療(永久歯列交換後の全体矯正)

全て税込表記です。

初診・相談料 費用
マルチブラケット装置〈2年~2年6か月〉 462,000円~550,000円
部分矯正〈8か月~1年6か月〉 242,000円~297,000円
保定〈2年〉 66,000円
矯正管理料(同一月 2 回目以降の来院時は無料)
装置調節、交換、メンテナンス、口腔衛生指導、舌習癖などの指導、経過資料採得など
3,300円~5,500円

〈 〉内:治療期間の目安
※上記の他に、付加装置料(¥20,000〜¥60,000)が、別途、必要になる場合がございます。
※掲載料金、治療期間については患者様の症状により異なる場合がございます。
※矯正治療費は確定申告時に医療費控除の対象になりますので、領収証は大切に保管ください。再発行はいたしかねますのでご了承ください。

矯正治療の一般的なリスクや副作用について

2018年に改正された厚生労働省の医療広告ガイドラインでは、自費診療に係るリスクや副作用を情報提供すること求められています。
どのような治療を受ける時でもリスクのない医療はありません。矯正治療には以下の一般的なリスク・副作用があることをご理解いただくことは重要です
(すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません)。当院では可能な限りリスクを抑えながら治療を進めるよう心掛けております。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

①最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間〜1、2 週間で慣れることが多いです。
②歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
⑥ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑱矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。