小児矯正(子供の矯正)

お子さまの歯並びでお悩みではございませんか?

新潟県長岡市の小児矯正なら山田歯科クリニック

  • 子供の歯並びの乱れが気になる
  • 自分の歯並びが悪いため、子供の歯並びもそうならないか心配
  • 歯科検診で歯並びのことを指摘された
  • いつから始めたらいいのか相談したい
  • 信頼できる歯科医院で子供に矯正治療を受けさせたい
  • 女性歯科医師に矯正治療を担当してほしい

小児矯正を受けておくことで、将来的な矯正治療が不要になったり、簡単な治療で済んだりといったことが期待できます。お子様の歯並びについてご不安がありましたら、ぜひ山田歯科クリニックにご相談ください。

当院の小児矯正の特徴

矯正歯科認定医による安心の矯正治療

新潟県長岡市の山田歯科クリニックには、矯正歯科を専門とする女性の歯科医師が担当しております。

保護者様のお気持ちに寄り添ったアドバイスを行い、お子様にも安心して矯正治療を受けていただけます。

丁寧なカウンセリング

まずは保護者様の率直なお悩み・ご希望をお伺いするところからスタートします。
そのお声をもとに、お子様に合った治療法を提案し、丁寧に説明してまいります。少しでも気になる点がございましたら、なんでもお尋ねください。
料金を含め、すべての内容にご納得いただいてから、検査・治療へと進みます。

白いブラケットとワイヤーで目立たない矯正装置

目立たない矯正装置で矯正治療を行う長岡市の山田歯科クリニック

金属のブラケットやワイヤーの見た目を気にされるお子様は少なくありません。
当院では、白いブラケット・ワイヤーをご用意し、少しでも安心して治療を受けていただけるよう努めております。

親子で矯正可能

親子で矯正可能

保護者様と一緒に通院することで、お子様も積極的に治療に取り組めるようになります。ご自身の歯並びも気になるという場合には、一緒に矯正治療を受けるという選択も、一度ご検討いただければと思います。

1期治療と2期治療について

1期治療とは、5~12歳頃までの混合歯列期に行われる矯正治療です。
装置で顎の成長を手伝ったり、歯並びの乱れの原因となる癖を改善するなどして、主に「永久歯がこれからきれいに並ぶよう誘導する・スペースを確保する」ことを目的としています。

対して2期治療とは、12歳以降の永久歯列期に行われる矯正治療です。
基本的には、成人矯正と同じ装置を使用できます。主に「生え揃った永久歯を適切な位置に動かす」ことを目的としています。

1期治療のメリットは?

  • 顎が成長過程にあるため、抜歯なしでスペースを確保できることが多い
  • 同時に噛み合わせも改善できる
  • 歯並びが乱れる癖(舌の癖・口呼吸など)を改善しやすい
  • 2期治療が不要になる、治療期間が短くなることが多い

1期治療には、以上のようなさまざまなメリットがあります。
お子様の歯並びのことが少しでも気になる場合には、1期治療から検討されることをおすすめします。

当院で行う矯正治療

床矯正

床矯正主に1期治療で使用する、取り外しが可能な装置です。
顎に適切な成長を促し、永久歯が正しい位置・向きで生えてくるように誘導します。
症例によって装着時間・装着期間が異なります。

メリット デメリット
・食事、歯磨きの際には外せるためストレスが少ない
・歯磨きが難しくならないため、虫歯になりにくい
・歯に強い力が加わる装置ではないため、痛みが出にくい
・抜歯の必要がない
・適切な装着時間を守るという、お子様・保護者様のご協力が不可欠
・装着中はやや喋りづらい

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正主に2期治療で使用する、固定式の装置です。
成人矯正のワイヤー矯正と同じように、ブラケットとワイヤーを使用します。

メリット デメリット
・しっかりと歯を動かすことができる
・ほとんどすべての症例に対応できる
・自費診療となるが、比較的低価格
・金属のブラケット・ワイヤーを使用した場合には目立ってしまう
・装置に食べ物が挟まることがある
・虫歯予防のため、十分な口腔ケアが必要
メタルブラケット・メタルワイヤー

金属のブラケットと、金属のワイヤーを使用します。もっともスタンダードな形です。

白いワイヤーを使用するセラミックブラケット・プラスチックブラケット

目立ちにくい白いワイヤーと、白いブラケット(セラミック・プラスチック)を使用します。会話をするとき、笑ったとき、装置が目立ちにくくなります。
メタルワイヤーでも気にしないというお子様もおられますが、気にするお子様、目立つことが苦手なお子様には、ぜひ一度検討していただければと思います。

子供の矯正治療の流れ

1カウンセリング

カウンセリング保護者様のお悩み・ご希望をお伺いし、お子様のお口を拝見した上で、どのような治療が想定されるかをお話しします。
また、おおよその治療期間、費用についてもお伝えします。

2精密検査

精密検査噛み合わせチェック、口腔内・顔貌撮影、レントゲン・CT検査、型取りなどを行います。

3診断・治療計画の説明

診断・治療計画の説明精密検査の結果をもとに、診断します。
また、治療内容・治療期間・費用について、詳しくご説明いたします。

4矯正治療の開始

矯正治療の開始治療計画にご同意いただけましたら、治療を開始します。
虫歯・歯周病がある場合には、先にそちらを治療します。

5定期的な通院

定期的な通院歯の動きの確認、装置の調整、クリーニングなどを行いますので、治療期間中は1か月に1度くらいのペースでご来院いただきます。

6装置の取り外し・保定期間

装置の取り外し・保定期間目標としていた歯並びになれば、矯正装置を取り外します。
代わりに、歯並びを安定させるための保定装置を使用していただきます。
保定期間は、3~6か月に1度くらいのペースでご来院いただきます。

7治療の終了

治療の終了1~3年くらいの保定期間が終われば、治療は終了です。
ただ、後戻りのリスクはゼロではありませんので、その後も定期的にメインテナンスにお越しくださいますよう、お願いします。

子どもの矯正治療の料金

相談(口腔内写真・歯型取り・頭部側方レントゲン(セファロ写真)を行い、矯正専門医が問診、診察を行います) 10,000円
診断(診断結果の報告・治療計画及び治療費の説明)
※その後治療希望の場合、お申込みとなります。
20,000円

小児矯正(子供の矯正)Q&A

矯正を始める時期やタイミングはいつ頃がいいのでしょうか?

1期治療の対象となる、5~12歳頃にご相談いただければと思います。
ただ、早くにご相談いただいてマイナスになることはありませんので、5歳頃に一度ご相談いただき、その時点で問題がなければ経過観察に移行する、という形が良いかと思います。
もちろん、それ以外の期間でも、気になったときにはいつでもご相談ください。

現在6歳の子供ですが、乳歯の歯並びが気になるのですが相談可能でしょうか

はい。お気軽にご相談ください。
装置を使っての治療が必要なくとも、歯並びの乱れの原因となる癖(舌の癖、口呼吸)などがあればそれらを改善しておくに越したことはありません。

矯正装置をつけると虫歯になりやすくなるのですか?

矯正装置をつけると磨きづらくなるのは確かです。
ただ、装置をつけた状態でどのように磨けばいいのか、お子様と保護者様にきちんとご説明いたしますので、それほど心配する必要はありません。装置の調整を行う際に、クリーニングも受けていただけます。

子供の歯並びで矯正が必要な歯並びとはどんな歯並びですか?

上の前歯が前方に出る「出っ歯(上顎前突)」、下の前歯が上の前歯より前方に出る「受け口(下顎前突)」、歯列がガタガタになったり、重なり合っている「乱杭歯(叢生)」、上下の歯列が左右にずれている「交叉咬合」、上下の前歯の間に縦の隙間がある「開咬」、歯間が広い「すきっ歯(空隙歯列)」などがあります。
なおこの中で、乳歯列期のすきっ歯は、それほど心配する必要はありません。乳歯より大きい永久歯が生えてくれば、自然に隙間が解消されることがほとんどです。

歯並びが悪いと将来どんな影響があるのでしょうか?

歯並びが悪いと、セルフケアが難しくなります。磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなるでしょう。
また、正しく噛めないことで、食べ物を十分にかみ砕かないまま飲み込むことに慣れてしまいます。胃腸に負担がかかったり、栄養がしっかりと吸収されなかったりすると、身体の発育にも影響します。
もちろん、コンプレックスになることもあります。
身体とこころの健康を守る・健やかな成長を手助けするという意味で、矯正治療は非常に重要な役目を担っています。